玄関の天井に壁紙を貼る その2

前回の続き。

いきなりですが、玄関Before↓(あんまり天井映ってない。。。)

玄関Before

 

また入り口入って右上に入居時から「魔除」と書かれたシーサーが鎮座していたのですが、来る人来る人に「これはこのままなの?」って聞かれ続けていました。笑

 

だって、魔除けなんだから、他の場所に移動させちゃ悪いと思って。。。

ということで、コチラも余っていた「イチゴ泥棒」を貼りました。

柄がもう少し小さかったら、2羽入ったんだけど、入らなかった。。。

でもこれで少しは可愛くなったと思います。

 

玄関 天井施工

 

 

さて、前回お話しした下地処理をファイバーテープのみで行うとどうなるのか?

 

■照明を点けてないとき↓     ■照明を点けたとき↓

壁紙の下地 壁紙の下地

 

照明を点けてない時は写真でも肉眼でもファイバーテープの跡が分かります。

照明を点けると写真でも肉眼でも分かりません。

 

そもそもなぜ下地処理をするかというと、

■出来上がりが綺麗な為

■壁紙が破れない為

だと思うんですが、少なくともこのファイバーテープのお陰で下地のパネルとパネルとの間の隙間で破れることは無いと思います。

 

 

手間と仕上がりを天秤に掛けてどちらが良いか。

私は今回時間もなかったので、簡単に済ませました。

何かの参考になれば幸いです。

 

 

下地処理をちゃんとしたキッチンの記事はコチラ

 

最後に「いいね!」して頂けると嬉しいです。

第11回壁紙を使ってヴィンテージ風リフォーム選手権 に参加していました。

わきゆきのリフォーム一覧は→コチラ

いいね!で投票される仕組みです。

 

 

 

ランキングに参加し始めました。

良ければクリックして下さい↓↓

 


セルフリフォーム ブログランキングへ

にほんブログ村 インテリアブログ 和モダンインテリアへ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:DIY